TOP » 活動報告

活動報告

2017年12月18日

研修会報告

H29年度地域歯科保健研修会報告(11/26)

地域保健研修会 活動報告

日 時:平成29年11月26日(日)
場 所:安曇野市 豊科ふれあいホール
演 目:午前の部 心疾患について
    午後の部 グループワーク
        「歯科従事者が押さえておくべきポイントとその活用法を考えてみましょう」
講 師:信州大学医学部付属病院 慢性心不全看護認定看護師
    宮嵜 恵先生
受講者:22名

心臓は握りこぶし位の大きさで、おおよそ250‐300g。全身に血液を送るポンプの役割です。心機能の異常とは、虚血性心疾患・不整脈・弁膜症・心不全とあり、普段聞いている病名を細かく知ることができました。

心疾患と歯周病との関係では、昨今言われていますが、歯周病を有する者は、有しない者と比較して冠動脈性心疾患に罹患している割合が高いようです。その一方で、米国心臓協会では、歯周病の存在が虚血性心疾患の発症、進行に関連するというエビデンスがないことを報告しているそうです。

それぞれの立場、職場で心疾患の方々と関わることも多いことでしょう。外科的処置の場合、服薬に注意する事、抗凝固薬を飲まれている方のブラッシング指導や口腔ケア、介助に気を付ける事、住民の方に自覚症状を訴えられたとき受診を勧める事など、病気のことを理解し、適切に対処できるよう心掛けていきたいものです。

宮嵜先生の聞きやすく丁寧なご講義で、少し知識と自信がつきました。

Photogallery

フォトギャラリー1
フォトギャラリー1




» 活動報告一覧へ戻る

ページの先頭へ